2017年03月26日

福岡大大濠再試合 滋賀学園と延長15回引き分け

第89回選抜高校野球第7日の第2試合、福岡県代表の福岡大大濠と滋賀県代表の滋賀学園の試合は、1回に滋賀学園が先制、福岡大大濠は8回に1死一二塁で4番東怜央(3年)の適時打で同点とする。
延長戦に入っても両チーム得点が奪えず、15回規定により再試合となった。
明日の3試合の時間を繰り上げて、第4試合に再試合が行われるが、右腕エース、三浦銀二(3年)は196球を1人で投げており、明日の状態が心配される。
ラベル:高校野球
posted by zakkan at 17:38 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする