2019年07月12日

辛子明太子の株式会社たつみやが自己破産へ

辛子明太子製造販売の株式会社たつみや(住所:福岡県宗像市赤間3丁目1-12、代表取締役:丸龍泰男)は、7月8日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産の準備に入った。

担当弁護士は、佐田洋平弁護士(大名総合法律事務所)


同社は、1990年設立で29年目を迎えていた親子2代で切り盛りする会社で、辛子明太子製造販売の他にも水産品の卸を主力とする企業。

一番の売りである辛子明太子は、「辛子明太子が苦手だった方々にも食べて頂けるようなものを作りたい」という思いで、辛子明太子を成熟卵のみ使用して作られていました。

本社工場の直売所やショッピングモール「ゆめタウン」にテナントとして出店しており、ネットショップなども活用、しかし、景気低迷による売上の減少、原材料価格の上昇による採算の悪化も重なり資金繰りが逼迫し今回の事態に至った。


負債総額は約2億1千万円

ラベル:倒産 宗像市
posted by zakkan at 20:19 | 倒産・破産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする